top > 肩こり > 肩こりは血行改善で解消しよう
肩こりの原因と解消などを学ぼう

肩こりは血行改善で解消しよう

肩こりは温めて血行を良くし解消しましょう。毎日の家事や仕事で肩ってこりますよね。一般的に、慢性肩こりの場合、患部を温めることによって血管が広がり血行が良くなります。血行が良くなることで肩こりを改善できます。今回紹介する肩こり解消法は、家にある身近なもので簡単・手軽に始められます。肩こりで悩んでいる人はぜひ実践し、血行を良くして肩こりを改善しましょう。

1:入浴で血行促進させ肩こり解消
40度前後のぬるめのお風呂にゆっくりつかる事で体が芯から温まり、肩のこりをほぐしてくれます。熱すぎるお湯は湯冷めもしやすく逆効果です。また入浴時に好きな入浴剤を入れることで、リラックスでき、体の緊張がほぐれ、全身の血液の循環がよくなり効果的です。温泉にあるような打たせ湯の感覚で、シャワーを首や肩のこっている部分に直接当てるのも効果的です。この時、水圧を高めにし、やや熱めのお湯を首や肩に直接当てましょう。時間は5?10分程度で良いでしょう。

体が十分に温まったら、17?20度の冷たい水を肩や首のこっている部分にあてます。そして5分ほど湯船につかります。これを交互に5回程繰り返し、最後に湯冷めをしないよう体を十分に温めてからあがります。これで肩のこりは楽になるでしょう。


2:使い捨てカイロを使って肩こり解消
これも肩を温めるため肩こり解消に効果があります。カイロが直接肌に触れないように、タオルでカイロを包むか、下着など服の上から当てます。直接肌に長時間触れていると「低温やけど」の原因になるので気をつけましょう。ただし、いつもこれを行うとカイロを使わないと身体が冷えてしまうというような体質になるので、肩こりがひどいときだけ使うようにしましょう。


3:ドライヤーで肩を温め血行を良くし肩こり解消
ドライヤーを使って簡単な肩こり解消ができます。肩や首などこっている部分に、ドライヤーを30cmくらい離して温風を当てます。温めることで血行が改善し、こりに効果的です。この時、一ヵ所に集中しないように動かしながら当てましょう。


4:蒸しタオルを使って肩を温め肩こり解消
こちらもお手軽に蒸しタオルを使って肩こりを解消できます。蒸しタオルで肩を温めることにより、血行が良くなり肩こりに効果があるのです。この時、肩に直接タオルを当てるのではなく、ポリ袋などに入れ、乾いたタオルで包んで肩に当てましょう。電子レンジを使うと簡単に蒸しタオルが作れます。方法は、ビニール袋に水気を絞ったタオルを入れ、電子レンジで1分程度加熱します。


肩を温める事は、こわばった筋肉をほぐし血液の流れをよくする効果があります。それによって肩のこりが楽になります。血行が良くなれば肩こりも改善します。以上の方法は家庭でも簡単にできるので是非試してみてください。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/36