top > 貧血 > 女性に多い貧血とはどんな病気?
貧血の原因と解消などを学ぼう

女性に多い貧血とはどんな病気?

貧血ナース
貧血とは血液中の赤血球の減少や、赤血球に含まれるヘモグロビンが不足した状態のことを言います。

貧血は女性に多く見られ、その中でも特に若い女性に多いと言われています。女性に貧血が多い理由として、毎月の生理や妊娠、出産等で鉄が不足することが挙げられます。

ちなみに、貧血には、鉄不足以外にも次のような原因があります。
● 胃切除によるビタミンB12不足
● 再生不良性貧血
● 肝硬変や腎不全などの病気に伴う貧血

貧血の大半は、体に必要な鉄が不足していることで起こる鉄欠乏性貧血です。

貧血=鉄欠乏性貧血のように、貧血と言うとこの鉄欠乏性貧血を指すことが多く、日本人女性に約5%から10%がこの鉄欠乏性貧血と言われています。

この鉄欠乏性貧血がひどくなると、めまいや頭痛などの症状が出てきます。また軽度の貧血の場合、顔色が青白くなったり、すぐに息切れする、めまい、耳鳴り、冷え性などの症状が出ます。

鉄欠乏性貧血など貧血を予防するためには普段の食生活を見直すことが必要です。

貧血とは? Wikipedia
鉄欠乏性貧血とは?Wikipedia

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/89