top > 冷え性 > お風呂(入浴)で冷え性を改善
冷え性の原因と解消などを学ぼう

お風呂(入浴)で冷え性を改善

冷え性改善、予防の一つに入浴があります。ただお風呂に入るだけでなく、お風呂でのきちんとした入浴方法を知り冷え性を改善しましょう。お風呂は、体を暖めるだけでなく、冷たく収縮した毛細血管を広げ、血行を良くする効果があり、冷え性改善の手助けをしてくれます。冷え性改善のための正しい入浴方法を学びましょう。

■お湯の温度
40℃前後の少しぬるめのお湯にゆっくりと10分?20分つかるだけでも、冷え性改善に役立ちます。体の芯まで温たまり、入浴後の体温の低下を防ぎ、湯冷め、冷え性に効果があります。温度の熱いお湯では、長い時間つかっていられないため体の表面しか温まらず逆効果になるので気をつけましょう。入浴するタイミングは、就寝の約1時間前がベストです。


■半身浴で冷え性を改善
じっくりと体を温めるという点で、さらによいのが半身浴です。半身浴をする際には、水圧による負担を減らすために、お湯の位置が心臓よりも下にくるようにします。お湯の温度は、38?40℃のぬるめで、20?30分間ゆっくりとつかります。このとき、腕はお湯から外に出しておきましょう。


■入浴剤で冷え性を改善
入浴剤には、血行を促進したり肌の保湿や保温効果があります。また、種類によってはリラックス効果がある物もあります。普通に入浴するよりも入浴剤を使った方が、体の保温などに効果的で冷え性にもバッチリです。また、冷え性改善に効果のある薬草浴もおすすめです。ハッカ、ショウブ、ドクダミ、ヨモギなどを木綿の袋に入れて湯船に浮かべます。そうすることで保温効果も抜群です。他には、みかんの皮やレモンなどを湯船に入れて入浴しても保温効果があります。


■足湯で冷え性を改善
足湯は下半身(足)を温める事によって、全身の血行を良くし、冷え性はもちろん、足のむくみや、リラックスに効果があります。また足湯には、自律神経のバランスを整える作用があり、続けて行う事で、体質改善にも役立ちます。お湯の温度は、少し熱めの42?43℃が適温です。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/49