top > 冷え性 > 陽性食品、陰性食品で冷え性を改善!?
冷え性の原因と解消などを学ぼう

陽性食品、陰性食品で冷え性を改善!?

冷え性を改善するために必要な食品の紹介です。実は冷え性と食べ物には深い関わりがあります。体を温める食品を「陽性食品」と呼び、体を冷やす食品を「陰性食品」と呼びます。陽性、陰性どちらでもない食品を「中性食品」と呼びます。

主に冷え性の方は、体を温める陽性食品を摂取した方がよいのですが、現代人が簡単に口にできるのは、陰性食品の方が多いようです。それぞれ食べ物にはどのような特徴があるかを知り、冷え性改善に効果のある食品を摂取しましょう。

陽性食品の特徴
陽性食品は、赤血球を増やし冷え性を改善する効果があります。陽性食品は寒い地方、冬に採れる食べ物が多いのが特徴です。例として、ニンニク、しょうが、ねぎ、こんにゃく、ごぼうなどがあります。これらの食品をバランスよく摂取し冷え性を改善しましょう。


陰性食品の特徴
陽性食品とは逆に、夏の時期に食べたくなるものや、暑い地方で採れる食べ物を陰性食品と呼びます。陰性食品は体を冷やすため冷え性の方は取りすぎには注意です。陰性食品の特徴として、カリウムの含有量の多い野菜類などが属します。例として、バナナ、トマト、キャベツ、パセリ、りんご、ジャガイモなどがあり、野菜と果物が圧倒的に多いです。特にバナナなどは、カリウムを大量に含んでいるので、体を冷やすといわれてます。


中性食品の特徴
中性食品は、陽性でも陰性でもないものです。玄米、むぎ、きび、ひえなど精白度の低い穀物があります。


これらを見ると、冷え性の人は陽性食品ばかり食べれば良いように思えますがそうではありません。陽性の食材ばかりを過剰に食べすぎると、体が熱くなり腸が乾いて便秘ぎみになったり、肌が乾燥したりします。陰性食品もバランスよく摂取し、冷え性を改善して健康な体を作りましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/47