top > 冷え性 > 冷え性にも種類がある?
冷え性の原因と解消などを学ぼう

冷え性にも種類がある?

冷え性と一口に言っても、実は冷え性にはいくつか種類があるんです。では、その冷え性の種類を紹介します。

■自律神経失調体質

冷え性で一番多いタイプが、この自律神経失調体質ではないでしょうか。自律神経失調体質は、不規則な生活、食生活の乱れが原因で起こることが多いと言われます。自律神経は、人の内臓や血管など、体の状態を一定に保っていく働きをしています。また、汗や体温を調節したり、胃の働きや目の動きなどを制御するのも自律神経です。この自律神経が乱れると、身体に様々な障害を引き起こします。なかなか疲れが取れなかったり、イライラする、胃がもたれる、肩がこる、冷え性などの症状が起き、悪化すると自立神経失調症になる恐れもあります。普段からなるべく規則正しい生活を心がけるようにしましょう。


■ホルモンアンバランス体質

これは、男性より女性に大きく関係してきます。ホルモンのバランスが崩れることによって冷え性が引き起こされます。特に妊娠時や更年期時にホルモンのバランスが崩れやすいため、この時期に冷え性になる女性も多いようです。更年期時に起こる症状の多くは、上半身はほてっているのに、下半身は冷たいという“冷えのぼせ”です。この症状は、閉経を迎えれば治まるので心配はありません。


■低血圧・貧血体質

低血圧であると、温かい血液が体中にうまく流れません。そのため、体が冷えてしまい冷え性となるのです。貧血は、血液中の赤血球が少ない状態の事です。赤血球には、酸素を運搬する役目があるため、酸素の量が不足すると、結果として疲れやすく、手足が冷える状態を作ってしまいます。これが冷え性の要因になるのです。また、極端なダイエットをすることで鉄分不足になります。鉄分が不足することで、貧血を引き起こし、それが冷え性をも引き起こすのです。特に女性は月経で鉄分が不足しがちなので、鉄分を豊富に含む、レバーや、青魚、海藻類などを摂取し鉄分をとるようにしましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/45