top > 冷え性 > なぜ冷え性は女性に多いのか?
冷え性の原因と解消などを学ぼう

なぜ冷え性は女性に多いのか?

冷え性はどうして女性に多いのでしょうか?男性にも冷え性はありますが、女性の方が冷え性になりやすい理由には次のようなものがあります。

女性が冷え性になりやすい原因の一つとして、自律神経の乱れがあります。

これは、女性ホルモンのバランスの乱れが理由の一つです。特に、女性ホルモンのバランスが崩れる時期は、妊娠時と更年期時です。よって、妊娠時と更年期時に冷え性になる女性が多くなるのです。


体に負担がかかりすぎる無理なダイエットも冷え性の原因となります。

無理なダイエットは、女性ホルモンのバランスを崩します。それが、月経不順を招き、さらに冷え性を伴うのです。無理なダイエットはせず、健康的なダイエットをするポイントは、短期間に体重を落とさず、ゆっくり時間をかけて落とすこと。栄養バランスのいい食事を心がけ、適度な運動をし、丈夫な体を作りましょう。


女性に多いと言われる低血圧と貧血ですが、これも冷え性の大きな原因のひとつとなります。

低血圧は血液が体全体にいきわたらないために、体が冷えてしまいます。貧血は血液そのものが足りないため、こちらも体全体に血液がいきわたらず冷えてしまいます。低血圧や貧血は、栄養不足や、やせすぎが主な原因です。やはりダイエットがきっかけで低血圧や貧血になる人が多いです。


体に合わない服や靴が冷え性の原因

実は、冷え性は、靴や下着が原因で起こることもあります。体を締め付ける下着や靴を身につけることで、血行が悪くなり、皮膚の神経機能が鈍ってしまうことが原因です。体を締め付けすぎないゆとりのある服や靴を身につけましょう。

これらが、女性に冷え性が多い原因なのです。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/44