top > 外反母趾 > 外反母趾を防止するための3つの物
外反母趾の原因と解消などを学ぼう

外反母趾を防止するための3つの物

外反母趾を防ぐ方法はいくつかありますが、今回は道具を使った外反母趾の防止法を紹介します。

1. 足底板で外反母趾を防ぐ
外反母趾の人は足の形が崩れて偏平足になりがちです。そこで靴の底に土踏まずを中敷で作ってあげます。その中敷の事を足底板と言います。これをすることによって外反母趾が楽になる事があります。

2. スポンジやパッチなどで外反母趾を防ぐ
スポンジやパッチなどをあたって痛い部分に張ることによって、足が直接くつがにあたらずクッションの働きをし痛みが和らぐというものです。しかし、根本的な解決法ではないため応急処置というか、炎症が強い時やどうしても痛いという時に使うほうがいいでしょう。

3. 矯正装具で外反母趾を防ぐ
この矯正器具は外に向いてしまった親指を内側に戻すための物です。これには2種類あり、夜寝る時につけるものと、昼付けるものとがあります。夜間につける装具は、大体強すぎると眠れなくて、弱すぎると朝になると外れていることがあります。でも、関節が硬くならないようにするのには役立つと思われます。
もう一つの昼に付ける装具は、座っている分にはうまく矯正してくれるように見えますが、立って体重をかけると、靴の中ではあまり効果的ではありません。


お勧めとしては、靴をはくときに薄いガーゼ一枚か、スポンジを親指と人差し指の間に入れることです。もしこれができるような靴であれば、外反母趾にはなりにくいと考えられます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます ≫

この記事に対して参考になったなどのコメントがあればお願いします

この記事を読まれる方にレビューとして参考になれば幸いです。どしどしコメント下さい(*^_^*)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://shin.happy.nu/mt3/mt-tb.cgi/82